FC2ブログ

D.Gray-manアレイスタークロウリーファンサイトROSE RAIN付ブログ。ネタバレ注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第207夜 感想

今月はD.Gray-manがのってて、よかった~~~~!
おまけにクロウリーさんがおる~~~10コマも!!!(それだけで、幸せ200%なつつましいファン)
うむ。、
知りたかった教団のその後の様子も少し見えたし。

あ~。なんかもお。夏の間の虚脱感が払拭される気分です。

いろいろSQにはいいたいことがあるけど、
とりまえず、よかったよかった。
以下感想。ネタばれっちゃう。


ノアさんち

なんとか帰還されたティキさん。満身創痍。
やっぱアポたんに貫かれた両方の手のひらはそれなりに傷が深いらしい。

アレンウォーカーを庇って
ロードが消えただと…?

呆然とするシェリルさん。
あ、そうなのか。ようやくあの時ロードが消えた。つう意味が貘29番にもわかた(あたまわるい)あの時ロードが消えたのは、伯爵側の方舟の奏者の資格を持っているロードさんの能力か、あるいは夢の扉の能力で、なのかとおもってなんざんすが。
アポさんに攻撃されたダメージで、あの姿(=ゆめ?)を維持できなくなって消えたということ、なのかな?
今までもロードはどんなにダメージ受けても、また復活していたけど、アレは夢の姿だってことはなんとなくおもっててけど、そこを通じて本体にもダメージが多少あったんだろうな。さすが、アポタンのイノセンス力は違う。ティキのおっしゃるように「夢が壊れた」ためにあの場から姿を消してしまったのか。
ティキはそれを感じたのだろう。
アレン君たちを逃がすための時間稼ぎもそこそこに、ロードの気配が消えたことを察して、アポさんとのたたかいは適当に済ませて、ノアさんちに帰ってきたというところだろう。まともに遣り合ったら自分も危なかったことだろうし。

お前らはブックマンから「14番目」のこと なんか聞き出せたの?

シェリルさんの行動といい、ティキの発言といい、ノアさんちも、どうも一家一丸となって居る感じではない。
14番目のことが知りたければ、(伯爵に聞きづらいのであれば)ワイズリーにでも聞けばいいとおもうのだけど。そうしずらい雰囲気があるのだろうか。

ところで、35年前の事件を知っている古株は伯爵、ロード、記憶を引き継いでいるワイズリーのほかに誰かいるんだろうか。ほとんどのノアが殺されてしまった様子だけど、方舟を作ったというマイトラもどうやら古株さん、かな?
その連中と、新しく再生した連中には、どうしても世代のギャップみたいなものがあるように思われます。いいのかな。どうもやりたいこととやらなきゃならないことの理解度が違うようにおもわれるんだけど。
例えば伯爵が黒の教団を「わざと」壊滅せずにいる理由があるのだすれば、その辺は、ちゃんとみんなと家族会議をやっておくべきだとおもうんだけどね。うん。家族間のコミュニケーションは大切だ。

ついに動き出した。
われらが記すべき歴史

アポクリフォスの出現や、アレンウォーカーの離脱を予期していたかのようなブックマンの様子。アレン君が14番目だってことも、知っていたようにも思えるわけですが、時の破壊者と予言されたアレン君のことを本当はどのように眺めているんだろう。
苦しむラビを見つめるブックマンの目、一体何思う。なんか、ちょっと、なにそれ。
この状況で、本格化し始めた一族の使命において、ラビを切り捨てるようにさえ思えたのは考えすぎ?

消えた…?
ロードが
ボクの…ッッ


あう。ついに切れた!シェリルたん。ボクのロードは洒落半分かと思ってたら本息だったロリコン、シスコン。
つかロードはキミのじゃないんだが!!
14番目の情報を聞き出すはずが、14番目とロードの関係を聞き出す方向に、いつのまにかかわってるんですが。
壁に叩きつけられるラビ。やばい、シェリルパパは、もう見境ない感じです。
や~~ラビ危うし!!果たしてブックマンはラビのために何かしゃべってしまうのか(いや、14番目とロードの関係を知ってるかどうかもわからないけど、きっと知ってるんだろうな)きゃ~~~。ラビ死んじゃう死んじゃう。とめてティキ~~~~!!



3ヶ月後(なんだと!!?)
落葉が風に舞う季節、もう秋、なのか。
たぶん、北米支部の崩壊がおいらの計算だと6月末ぐらいだと予想してたから秋半ばで、たぶんイギリスだったら落ち葉の季節、風が寒くなり始めるころ。
時間軸はあまりずれてないとおもう。


コートを羽織り、墓地で物思う長官。墓石の名はハワードリンク。
二つほくろのある部下が声をかける。鴉なんだろうけど。
アジア支部長が謁見されたいそうですが

こちらから伺うと伝えてくれ

あれ?
なんか雰囲気変わった?
いや、今までのが何らかの隠れ蓑なのはわかったけど
だって「伺う」っていうのは相手に対する敬語でござる。相手のほうが目上の場合に使う言葉だ。長官の立場で言えば、支部長は部下同等のレベルのはず、謁見されたいという言葉からも二人の立場は変わっていないことがわかる、にもかかわらず「伺う」という長官の真意はどこにあるんだろうか。
バクにたいして(あるいはそれ以外にも)表の威圧的な様子とは違うなにかの新しいつながり(戦略)が、ここにでき始めているとか。
リンクは…もちろん、お墓の下に入っているのではないとおもうんだけど、いったい今どこにいるんだろう。



黒の教団本部

顔真っ赤になってヘロヘロで帰還してきたティモシー。
あああ~~熱がありますね。
お子ちゃまは、くたびれると熱が出るからね。相当な激務なのだろうけれどがんばってます、いい子いい子
医務室は満杯、とはいえベッドで寝ている者はあまりない様子。
怪我の治療中のミランダも数時間後には再び任務の様子、忙しそうだ。

なにしろエクソシスト少ないからな。

一時間後に出発するぞチャオジー

きゃあああ
うそ、クロウリーさん!!後輩に仕切りいれてる。成長したもんだ!!!(いや、そうではなく)発動したままですか。髪の毛後ろで結んでるきゃ~~~(いやそれも、さておき)
問題は発動したままなのに、絆創膏張ってること。絆創膏姿も素敵…いや、そうではなく
なんで、傷が治ってないの?過労で傷が治りにくいの。回復が追いつかないほど仕事してるの?見た目もどろどろで傷だらけで、今の今まで任務だったに決まってる。
なのに、あと半時ほどで任務に出かける様子も痛々しく、しかし本人は強気のまま。
アダルティだわ
でも、なんで発動してんの?解除しないでいるわけ?
目が黒くなってないところを見ると…発動の仕方にも今は数段回あって、アクセルはニュートラルではないけど、トップでもないロウぐらいなのかも知れないけど
いずれにしても通常状態じゃないことは事実。


どうして通常に戻らないの?
なに?
解除するのが怖いの?
気を緩めたら泣きそうになるからなの?
そうだったら、すごく切ない
それって、前にも無かったっけ?
中国で出航するときも、しばらくそうだったんじゃなかったっけ?
アレン君が戦線離脱した、あのとき。
ブックマンが「アレン君が死ぬはずがないと思う」といってくれるまでそんな風だったような。
あの時も強気のまま、みんなを引っ張ったり、励する立場に居たように、おもうんだけど。

と勝手におもんぱかりつつ切なくなる俺。


ブックマンとラビはきっと生きている
きっと大丈夫だ。
それに…


いいよどむクロウリーさん。発動中なのに、なんだその表情は~こっちがなきそう!!
それにアレンだって…といいたいんだよね、クロウリーさん。
みんなの気持ちも一緒だ。
3ヶ月たったけど、まだ、みんなの傷が乾いていない、んだ。
そりゃ、そうか…
そうだよね、ずっと一緒に戦ってきた仲間だもんね。
それが今はいないんだもんね。
ラビも、神田も、アレン君も。

一方
いきなり元気になってるチャオジー(いや、3ヶ月たってるけど)フィードラに生かされている、ということか。
アポクリフォスの出現、つまりアレン君の件がなければとっくに殺されていた可能性もある。

おお、イノセンスお披露目!!
洗礼ノ腕輪(アームオブバプテスマ)
見た目は腕輪というより、アームバンドな感じ、お洗濯できそう。
発動すると喧嘩グローブじょうになるのですな。
しかし、なかなか意味深な名前ですね。

洗礼の腕輪という表記ですが、Arm of Baptismを直訳すると「浸礼者の御手」となりますえ。バプテスマといえばキリストの洗礼を施した預言者ヨハネが有名ですね。

このばやい
洗礼ではなく浸礼というのがよろしいか。

洗礼=全身を水にひたすか、または頭部に水を注ぐことによって清められ、神の僕として新しい名前と生命を与えられる印とする
浸礼=洗礼によって、神の僕としての名を与えることよりも、むしろ洗礼を通してキリストの贖いの功を受け取ることになり、原罪とそれまでに犯した自罪が赦されるとされている。

その浄化儀式を執り行う御手。
それがバプテスマの手ということですね。

今現在、アレン君を敵と憎んでいるチャオジーさんのイノセンス名は果たして、どういう役目をになってくれるんでしょう。ちょっと面白い気がしてきた。

とはいえ。
アレン君の裏切りをいまだに信じることも飲み込むこともできずにいる様子のクロウリーさん(当たり前っす!)とミランダさんと、ティモシーもそうなのか。たしかにティモシーにとってもアレン君は兄貴分だったんだろうな、それにリンクを殺したといわれても信じられないだろうし…。


つうか、リンクを殺して後
駆け落ちしたことにされているアレン君。

なんですと!!

長官も、14番目(アレン君でもあるので)庇うんだったら、多少は面目もなんとかしてあげてほしいものなんですが、

チャオジーは疑うことさえ考えない。

ウォーカーと会ったら戦いますよ。
彼には憎むべき敵が必要なんだよね。どうしても。
そして今それはアレン君になってしまった。
いい子なのに。
仲間のことも愛しているのに。
彼にはどうしても敵が必要なんだよね。
死んだものたちのために、自分が生き続けるためにも。
でも彼の中にはフィードラの蟲が潜んでいる。
彼とアレン君のぶつかり合いはたぶんこれから必至になるんだろうなあ。
二人が対峙するとき、
どう作用するのだろうか。罪を許し科を清めるべきその腕は。



つづきます。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ここの説明

貘29番

Author:貘29番
D.Gray-manアレイスタークロウリー三世さんのファンサイトROSERAIN付きブログ。
主に二次創作と空転する妄想が主成分です。
腐ってないけど日々ぐたぐたです。

mailFormのレスは本文にて。コメント 拍手のレスはそれぞれのコーナーでします。ただ非公開コメントにはレスをお返しできませませんので
どうかよしなに

母屋はこっち
+++++++++++++++++++
D.Gray-manは現在ジャンプSQクラウンに連載中!
2016年7月よりアニメ化!!わああわああ!
みんなで読者アンケート送ろう!

counter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
モニター募集!!
内容は市場調査など安全なアンケート!!楽しく応えてゲットしたポイントは、YahooやAmazonでも使えます
マクロミルへ登録
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
クロックSQ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。