FC2ブログ

D.Gray-manアレイスタークロウリーファンサイトROSE RAIN付ブログ。ネタバレ注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックス23巻の 感想ののこり

もうゴールデンウィーク、もうすぐ6月号発売ですね。連休ですんで、その合間、2日に発売となります。ご注意下さい。
新しい連載が、盛りだくさんで楽しそうではあるんですけどね。
うーん。なんか、初夏の清々しい感じはどこへやら、どうも暗雲立ち込めて湿気がじめじめと

どうもD・Gray-manはお休みみたいで、

ちょっとショックです

急なあれだよな。予定調和じゃねえよな~~。
星野先生の体調がまた悪いのかなあ、大丈夫でしょうかね。


いっそ。隔月なら隔月って言ってくれたらそのほうが気持ちが楽なんですけどね。
来月、何して暮らせばいいんだ
ぅーやっぱあれかなあ~~。
アレンくんがハゲのかつらかぶっちゃったのがいけなかったのかなあ(笑)
バッチリツケマじゃおさまりきれなかったのかなあ←
なんて
笑い話にしようと努力してみたり





てわけで、お取り置きだった番外編の感想、おりたたみ


 ああ あの人なら辞めたらしいよ 実家の家業継ぐとかで

あっさりした説明で終わったのは、姿のみえないジョニーにたいする質問の答。

科学班の、たぶん第2か、第3班の面子だろうな。

辞めた(らしい)
家業継ぐ(とかで)

直接知り得た情報でさえ無い「仲間」の行方。大した興味もない様子だけど、それでもエクソシストの(しかも最年少の)質問だから答えてくれたみたいな…

そうかティモシーくん風邪で寝てたもんね
知らなかったのか


なでなで

もちろん
ここでは誰もティモシーに冷たくする者なんかいない。
それどころか、誰でもティモシーの名前を知ってるし、大切にしてくれる。

それでもまだ、彼にとって、ここは知らない場所に等しいし、家族(院長先生や孤児院の仲間)のように気をゆるせる間柄ではない。
ティモシーくんはまだ、手探りでエクソシストを始めたばかりなのだから。
知ってる顔は、ほんの一握りだろう。

ビルバオの雨に濡れて風邪を引いたティモシーくん。


ビルバオってスペインの素敵な街なんだけど、冬場はしっとりと霧雨や小雨がゆり続いてあまりいい気候ではないんだって。寒くてじっとりと濡れる雨で風邪引いちゃったんだね。
まだまだ鍛え方も足りないティモシー。心も体も、弱い。
いつも強気で生意気だけど、
まだまだ、おこちゃまなのだ。
熱が冷めた時って、なんだか体と心がまだうまくなじまないようなぽかんとした気分なわけだけど。
そんなときに、こんなことをしたら余計に、
なんだか隙間ができちゃうじゃんよ。

美味しそうなハンバーガー(パイナップルが入ってるっぽい)にちゃんとサラダも添えて、いつものテーブルにやってくるけど。
だれもいない。
アレンくんも、リンクもジョニーも。
みんな、なにも言わずにいなくなったのもショックなんだろう


アレンくんは歳が一番近いということもあったんだろうし、孤児院でズバッと行けないことを行けないと起こってくれた「兄貴」的な感じがあったんだろうし、リンクは自分を命がけで守ってくれたやっぱ兄貴だったと思うし。
ジョニーは、そんな彼らといつも一緒にいて、いつも笑っていて優しくて、頭が良くてそのくせたよりなくて。
なにより普通で

この教団にはトゲトゲとした人や殺気の在る人が山ほどいるわけで
軍隊だから当たり前なんだけど。

まだまだ子供のティモシーにはそんなジョニーがほっと出来る存在でもあったんだろうしな。


そしてなにより、小さいコミュだけど、アレンくんを中心に集まってたそのテーブルの暖かさが、ティモシーにとっては安心できる場(社会)であったのは間違いない。
自慢できるちょっとかっこいいアニキたちがいて、自分はそこで大人になってくのだ、と思っていたのかもしれない。

エミリアがそばにいても、師匠(クラウド元帥)がそばにいてくれても
自分の目にしかみえないツキカミがその身に憑依しているとしても
孤独でない
かもしれないけれど
寂しい。
居たものがいなくなるのは
すごく寂しい。
テンション下がるよ、ね。
どうしたらいいのかわからなくなるよね。


そんな彼にチェスのお誘いをしてくれたのはコムイさん

さすが、室長だ!って思う。
どんなにボケかましても、こういうところはしっかり見ててくれて、
ああ、本当にエクソシストのことを考えてくれているんだなって思います。
それに、ちっさい頃のリナリーが、いろいろつらい思いをした部分をフォローしてきただけあって、おこちゃまのフォローが上手い!
そうなんだよね
ティモシーはこの教団に入団するときにコムイ室長を「ボス」とよんだけど、ただの上司じゃない。
まぎれもなく
この人もティモシーも家族だ。


笑顔
アレンくんやジョニーたちと同じく暖かい。
ちょっと大きなお兄さんの。



オレが勝ったらティムみたいなゴーレム造って!!


頑張っていつものように強がってみせる
だったらショーブしてやる


いや、コムイさん天才ですからね、チェスで負けるとは思わないんですけど、それともうま~~~くぎりぎりで負けてあげたりするんかな。

いずれにしても近々ティモシー専用ゴーレムが登場するのかもしれないわね、かわいいといいわ。

ほんとしみじみ思うんだけど、
コムイさんがいる間はまだ、黒の教団はなんとかなる、よ、ね。








で!
最後のスペサルサンクスのコマにはクロウリーさんたちお仕事チーム。

ここんところずっと発動中らしいクロウリーさん、案の定つっこまれた

ずっと発動とかないのはアレか?
 アレンやラビがいなくて泣いちゃうからか?
うるさいっ


人は図星をつかれると怒るであります。
…むう、やっぱそうだったか。
任務が詰まってるからいちいち発動解除するのは面倒だ とかなんとかいってたのかもしれないけど。
誰だって、そう思うよね。


まぶたの絆創膏がまだ取れてない。
発動中なのに、傷が治ってないなんて、かなり無理してる証拠じゃなかろうか。
ちょめ助の血のボトルじゃないけど、
今だったら教団側でもAKUMAの血をストックしておいて定期的に摂取する環境を整えてるだろうし、クロウリーさんが拒否る理由もないだろう。
そのぐらいの小道具は戦いのために用意しているとおもうんだ。
でも、血を摂取し続けているから発動している、というのであれば、絆創膏はとれていてもいいはずだ。

城にいた頃はほんとに、AKUMAの血の飲んだ瞬間だけ発動してあとは切れてたけど。
だんだんコントロールできるようになったのか江戸行きの船の中ではもうエネルギー切れぎりぎり、って時まで発動していることができた。
だから、これはやはり自発的に発動し続けている状態なんだろうとおもってたし。


そういえば、江戸行きの船でもほんと、そうだったんだよね。
それについては自分のサイトの小説でも突っ込んだんだけど
あの時はたぶん、
ブックマンが「時の破壊者と予言されたあの小僧がこんなところで死ぬとは思えん」といってくれたことで、浮上できたのじゃないだろうかと思うんだ。
信じることがクロウリーさんの強さだからね。
あの時はアレンくんが死んでいないことを信じた、だから発動を解いたんだととおもうのね(それにあまり長く発動できなかったんだろうし)

でも、今回はまだ希望がないから…。
それでも彼は信じて待っている。
だからきっと発動を解かずに頑張ってるんだと思う。

アレンくんが帰ってくること、
ラビが戻ってくること。
みんなが笑顔で笑える日が来ることを。
信じるである。


くっそ、また泣けてきた。
オレも発動してええ!!

がんばるんだクロウリーさん!



ところで
ここにもゴーレムがいるけど、これは誰用なのかな。
クロウリーさんのかな。チャオジーのかな。
クロウリーさんのだったら、ちょっとくすぐったい。
きっとエリザベータとかロザリンドとかメアリベルとかカワイゴージャスっぽい名前つけて
かわいがっちゃうんだよ、うん。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ここの説明

貘29番

Author:貘29番
D.Gray-manアレイスタークロウリー三世さんのファンサイトROSERAIN付きブログ。
主に二次創作と空転する妄想が主成分です。
腐ってないけど日々ぐたぐたです。

mailFormのレスは本文にて。コメント 拍手のレスはそれぞれのコーナーでします。ただ非公開コメントにはレスをお返しできませませんので
どうかよしなに

母屋はこっち
+++++++++++++++++++
D.Gray-manは現在ジャンプSQクラウンに連載中!
2016年7月よりアニメ化!!わああわああ!
みんなで読者アンケート送ろう!

counter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
モニター募集!!
内容は市場調査など安全なアンケート!!楽しく応えてゲットしたポイントは、YahooやAmazonでも使えます
マクロミルへ登録
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
クロックSQ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。