FC2ブログ

D.Gray-manアレイスタークロウリーファンサイトROSE RAIN付ブログ。ネタバレ注意ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第215夜感想

今月のD.Gray-manには、本当に、突っ込みどころ満載なのですが、なにより、も。

ジョニ~~~~~~~~~~!!それはクロウリーさんのポジションだろう!いつの間にそこにすわってんんだ、おま、

主人公アレンくんがあんなふうに赤面するのは、悪くないでも!

なんかさ、いつも寂しそうで、気になってる幸せになってほしいクラスメイトが、別の女の子に告白されたら案外幸せそうにしててさ。それは悦ばしいことのはずなのに、なんでその目の前に立ってる告白しているのは私じゃないのって、思った瞬間にポロッと涙が出てきてうまく笑えなくなって裏庭まで走って逃げてる私15才、、、、、みたいな。

そんな気分にな(殴)


すみません。以下感想ネタバレ



神田の襲撃より5分前、アレンくんの過去の映像をティムが吐き出しているのを見てたらしい14番目は苦悶の表情で…


て、苦悶じゃないな、これ、
14番目にしてみれば、予定外の出来事と計画のイレギュラー問題満載で、アレンくんがどういう生き方をしてどん風にエクソシストを選びとったのかなんて、問題じゃないわけだな。
ところで、ティムに記録されているデーターは遡ることどのぐらいになるのかな。髪が白くないアレンくんの映像も混ざっている葉だから、クロス元帥がマナを見守ってた頃から、ぼちぼち録画されているということか。だったらマナがどうなってしまったのかとかもここには録画されているように思うけれど、そこはあまり関係ないのかな?


てかクロス!!なにやられてんだよあいつーっあんたがいねえと困るんだよもぉ~~~


14番目再生計画を見守るだけじゃなくてなにかそののちに必要な魔導式施術があったってことになるんだろうか、クロス元帥。彼は不まじめなエクソシストだけどそれは敵という判断ではないのだろうから、そのへんも微妙な感覚だ。

ただ、幼いアレンウォーカーにあんだけの借金を押し付けたのもあながちアレンくん本人に対するイヂメだけじゃないのかなとおもったね。
似非紳士をよおそうアレンくんを引っぺがすための手段だけにしては過酷すぎだと思ったんだよ、これがのちのち14番目であるネアにmけて付けられた借金だとすると、案外笑える。
見守ってきた見返りといささかの嫌がらせみたいな。

それだけ、クロスと14番目の間には信頼があったという事でも在る気がしますですよ。


なぜアレンはオレのことを忘れてるんだ…?

どれどころか、こいつは若返ってる


さよなら友よ、たった今から俺達は敵同士だ。




整理するとこういうこと、かな?
1)35年前以前、ネアにはアレンという友人がいた。今のアレンくんより大人(ネアと同じぐらいか?もっと上か?背高い感じする)

2)ネアがノアとの戦いで絶命剃る前に、自分の躯を使ってネアの記憶を保存することを提案。

3)メモリーは移されネアの復活を待つうちにアレンは何かのトラブルで巻き込まれるかして、赤子になる(アポクリフォスの仕業?)孤児としてサーカスに売り飛ばされる
4)自ら宿主になることを提案した前世の記憶は無いアレンくんは、マナを経てクロスに出会いエクソシストへ。


ネアの友人だったアレンは、自らを犠牲にねあのメモリーを守ろうとするぐらい親密だったという事になるね。宿主になる術式によって、アレンそのものの自我がいずれ消滅するのか、共存できるのか、そこは分からないけど、もし乗っ取られてしまい、1+1=1にしかならないのだとすれば、
すでにこの段階でイノセンスに寄生されている人物だと想像できるあれんより、14番目であるネアのほうがこの戦争での価値があるとお互いに認識していることにもなるんじゃなかろうか。すなわち伯爵を倒すことにおいて。

もし、かつてのアレンの記憶が温存されていれば、同じひとつの体にノアとイノセンスの適合者が共存する可能性もあったのかもしれない。

わふ~、星野先生、ようやく、宿主になったアレンくんの体が35年後に15才である矛盾に触れてくださった。ありがとうございます。



死にかけたネアが握ってる刀が伯爵のと同じなのは、なんでだろう。お互いノアだからなのか、それとも全く同じ刀なのか、ちょっと気になる。やっぱ今の伯爵の躯はネアのものなんじゃないのかな。


今のティキ・ミックがネアにクリソツなのは、なんでだろうかという仮説をあちこちでお聞きしたのですが。それも説得力あるんだけど、私は別のことをしちょっと考えました。

以下、ティキがクリソツ問題を棚上げしてみた。全くの妄想です。大外れの匂いはしてるんすけどね。

マナとネアの双子の兄弟が、いて。17才ごろ一方がノア化。(あるいは両方ともノア化)
つまり、ネアに14番目、マナの躯に伯爵のメモリーが入ってしまう。
マナを取り戻すもしくはいっそ滅ぼす為にネア戦う、
お互い瀕死になり、ネアはアレンにメモリーを移す。ネアの体が空き家になる。
伯爵は、伯爵で、ネアの体をのっとり、ぼろぼろのマナを放棄。
アポクリフォスにいじられて
マナは17才からの記憶のない状態で再生。アレンくんの体は純粋なエクソシストとして構成させるために、幼い状態に戻される、マナと接触させる可能性の為にサーカスに売られている。



とか、


あと、私は犬のアレンさんを中つぎにしているんじゃないか説をおもってたけど、この暗示ではそれは無いってことです。でも、もしかしたら、宿主になったアレンくんの自我はアポさんに不要にされてるかもしれなくて、その際犬に放り込まれて…はいないだろうか。
なにせ、マナが犬にアレンと名前をつけて、長いことネアを探しているわけで。
きみはアレンの友達だったんですね。というセリフが、もし、ここで言う「さようなら友」と同じ価値をもつなら、
犬のアレンが見つけた友だちはネアだった。ってことになるんじゃないか。と。





いや、それにしても肉体はひとつ足らない。ティキがなぜ双子と同じ顔なのか、わかんないな。うん、これは忘れて下さい。
どっちにしても、ここに来て新たな存在と事件の可能性が見えてきたわけで、ちょっと面白いぞ。

器(肉体) 魂 メモリー 自我 心  そして魔導式ボディ(代用の器)

そのへんの兼ね合いがもっと整理されるといいんだが、冷静に考えてみようかな。


続きはまた。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
ここの説明

貘29番

Author:貘29番
D.Gray-manアレイスタークロウリー三世さんのファンサイトROSERAIN付きブログ。
主に二次創作と空転する妄想が主成分です。
腐ってないけど日々ぐたぐたです。

mailFormのレスは本文にて。コメント 拍手のレスはそれぞれのコーナーでします。ただ非公開コメントにはレスをお返しできませませんので
どうかよしなに

母屋はこっち
+++++++++++++++++++
D.Gray-manは現在ジャンプSQクラウンに連載中!
2016年7月よりアニメ化!!わああわああ!
みんなで読者アンケート送ろう!

counter
最新コメント
最新記事
カテゴリ
モニター募集!!
内容は市場調査など安全なアンケート!!楽しく応えてゲットしたポイントは、YahooやAmazonでも使えます
マクロミルへ登録
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
クロックSQ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。